お客様との共同作業




以前に、この状況のジージャンをお持ちになり、修理依頼にご来店されました。


私も見た事のないジージャンで年代物でもあるので、

悪戯に直すのも勿体無いので、当て布はそれなりのものをお持ちになるようお願いしました。


そして、本日当時のジーパンの端切れをお持ちになられました。

ギャルの履くショーツというかホットパンツというかくらいしかありませんが、

なんとかやってみました。




袖はこのような感じになりました。元あるステッチが、綿糸がいい感じで褪せているので、

変に主張しないよう、ベージュを入れてみました。


襟が、横使いにになっており、当て布を取るのが難しく、2枚に分けて使用しています。

それより、これくらい厚手の生地を使ってちゃんとした襟ができるか心配です。



何せ、裏もこのように直してあります。




なんとか、素直に襟が曲がりました。

ここ、本当にちゃんとした技術のない人が縫製すると襟が曲がらないんですよ。



今日は、このジージャンの個性を無くさないようになんとかオーナー様の思いは

繋げたような気がします。。。。気に入ってくれたらいいなぁ・。。。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示