top of page

ゴムのり(衣類用のり)にご注意



左身頃の大きな穴ですね。

縦に大きく開いてしまった穴。元々はそこだけのように思いますが、

その時に衣類用ゴムのりを使用したらしく、ベトベトになっております。

また、そこを穴補修するときはやはり、針にゴムがくっついてしまい、

ミシンが進みませんでした。


画像もその部分だけ不規則な感じになっているのは右見頃の直しを見ても明らかです。

今回は仕上がりの自然さを重視してそのままの状態でミシンをしましたが、


やはり、針が折れたりしますし、(実際今回も針は使い物にならなくなりました。)

危険なのでゴムの部分を全て切り落として継ぎ接ぎのようになりますが、

そのような形での処理になると思いますので、


業者に出すまでの繋ぎと思うのであれば、使用しない方がいいと思います。

また、中には瞬間接着剤を使用する方もいらっしゃいますが、

これは生地を固めてしまいますので、針が折れ大変危険ですのでおやめください。


関係ありませんが、オーナー様は兄妹で使用していたらしいのですが、

仲良くていいですね。


閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page