ジージャンの襟補修


この状態でお持ちになる方、多いですね。

ビンテージは普通に縦使いになってるからいいのですが、最近の襟は横使いになっているものが多く、その際、このような穴が開くと、仕上がりが目立ちやすくなりますね。



よくあるパターンだと、先に大きめにジグザグをしてその後、細かくステッチをかけるものが、そうすると、修理部分が固くなり、襟が曲りづらくなります。

そこで、技術を高め、一発で細かくできるようになりました。

こうすると、変に盛り上がらなくていいのです。



襟は、付け方にもコツがありまして、それをちゃんとわかっているところで修理しないと、

襟を曲げた時に反対に向かって襟を立たせようとしてしまいます。


逆に、そのようなことで悩まれている方は、ぜひ一度当店にご相談ください。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示