ストレッチジーンズの修理


ストレッチジーンズの穴補修の場合、

修理箇所のストレッチは効かなくなります。

生地を伸ばしながら履くジーンズになるので

修理箇所の周りに負担がかかってきます。


しかし今回の画像の修理には気になっている事があります。

縦に切れているということは、緯糸が切れてしまったということなのですが、


通常穴と言われているのは、経糸が切れている状態で

緯糸が切れるというのは大体何かしらの原因があり

経年劣化ということはありません。


この原因がわからないものが海外ブランドのものに多いように思われます。

もしかしたら、緯糸のストレッチが物凄い弱いのかもしれません。


オーナー様としてのケアはマメなお洗濯しかありません。

ストレッチジーンズは特にガンガン洗いましょう。



22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示