今日は少し私のフェチをご紹介します。

●まず、洗い晒しのジーンズを穿いて、

『あれ、ちょっと太ったか?』って思って、屈伸を一回したら

『おっ、だいじょうぶかぁ・・』って家を出る時が大好きです。








●これは裾上げをした時に出るパッカリングです。

裾のぎゅっと布が入っている感じが好きです。

あと、細めのマチがお気に入りです。










●こちらはまだアタリが出始めでご理解いただけないかもしれませんが、

ステッチ右の少し色の薄くなっているところ。

ここが細いんですよ。

最近の内股のステッチはインターロックミシンに内股のステッチなので、

インターロックだと大体1.5センチくらいと決まっているので、

1.5センチの当たりが出ます。

インターロックはロックと地縫いを一発で出来る便利ミシンで開発以前は

ロックと地縫いは別の作業でした。その時は画像のように細い感じになっています。


また、このステッチも端から2mmでやっているのですが、そこもいいですね。

物によっては3mmのものもあったりして、股補修の時必要以上に穴が大きくなっちゃうんですよね。そんなところもお気に入りでほくそ笑んだりしちゃいます。








●こちらは言わずと知れた、セルヴィッジ部分の当たりなのですが、

勿論、割縫い+ロックよりはっきり割った部分のアタリが出るのはいいところですが、

私の場合は、真ん中のプチプチしたアタリが好きなところです。

細い(適度な)糸で縫製されていると線のようなアタリになるのですが、

太い糸で縫われるとプチプチした感じになります。

欲を言えば、私は8mmくらいのステッチで縫われている方が好みですが、

そうすると、もう少し幅の細いアタリが出るのですが、

これはこれでって感じですか笑。十分許容できます。




・・・ということで、今回は、私の個人的にあたりの好きなところの代表的な幾つかをご紹介しました。

まだまだあるんですが、、、、それはまたいずれ・・・・

19回の閲覧0件のコメント