内股側からの脇詰め



裾幅を細くしたい時、セルビッジが広がってそれが、アタリに響いてしまうので、

セルビッジジーンズの方はお悩みが多いようですね。


そんな時、ラントンレーブでは内股側から細くいたします。


ただしこの場合、ワタリは起点になってしまいますので内側からは詰められません。


ぜひ、お試しください。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

偶然