小さな気遣い


このようなステッチの入れ直しの場合、

できるだけ、自然に仕上げるよう、心がけます。

今回のもそうなのですが、綿糸縫製ですと、

所謂、『重ね針』という形をとってあげたほうが丈夫さに都合がいいのですが、

名前の通りステッチが重なる場合があるので、美的に不恰好になりますよね。


実は、反対側のステッチはかなりステッチ自身の痛みがあったので、重ね針にしてあります。



↑↑↑こちらをご覧いただくと、ステッチの重なりがありませんね。

ちょっとしてテクニックというか、気遣いなのですが、

できるものは、できる限りこのようにつなぎ目がわからないようにいたします。




閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示