本日のジーンズ修理・・・悩んだぁ〜編


縦に開いた穴は通常、綾目に沿ってステッチをかけるのですが、

緯糸のストレッチが至るところで切れていて、横がシワシワになっちゃっているんですよね。

当て布を大きめにとって生地を伸ばして当て、画像の様にステッチをかけました。


もしかしたら、緯糸ストレッチが切れたら寿命というか考え始めた方がいいのかもしれません。。。。。悩むところですね。



こちらもストレッチの横糸に対する、同じ悩みもあったのですが、

こちらは当て布にライトオンスデニムを使用しました。


ステッチよりデニムを張ることの強度を採用したのですが、

ステッチの方が良かったのかなぁ・・・悩むところです。



ヨーロッパ製のジーンズはループの縫製に少しクセがあり、

帯に挟み込んであります。

今回の修理では帯を外す必要があり、そのため挟み込んである部分も外さないといけません。


完全にループを外してしまえばいいのですが、出来る限りオリジナルを残したくループ上部は外しませんでした。


そうなると、帯入れが一発でいきません。

結果繋いだわけですが、閂止めを外しループを外してからやった方が良かったのか・・・・悩むところです。



・・・ということで、今回は同じ修理でも何通りかのアタックの仕方あるよというブログでした。


因みに仕上がりの強度に関しては違いはありません。

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示