top of page

裾に裾に穴が開いてしまったときの当店のお直しの考え方。



解いてから気がついたのでビフォーがこんな画像になり申し訳ないです。


このような穴が開くのは、絶対どこかに擦っている証拠です。


つまりは『長い』のです。


オーナー様のほとんどは、このような状態になっていても、恐怖心から

裾上げをしたがらない方が多いのです。


そうなると直してもまた同じような穴が開いてしまいます。

実はそうなると、次の修理ができないのです。


どう対処するかというと、裾直しになるので、仕上がりがかなり短くなり、ご希望の長さにならなくなります。


そのため当店ではこのような穴が開いた時はちょうど一折分

裾をカットすることをお勧めしております。





穴補修した場所は全て裏側に入りますので、表に修理痕が見えません。

万が一、この裾に穴が開いても修理が可能になります。


勇気を持ってここまで修理することをお勧めしております。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大事故

Comments


bottom of page