裾の穴補修はこんな感じでおすすめしております


まず、これは、履き込んでいくうちになってしまった裾の穴になります。


大体の場合、レングスが長くこのような状況になりますので、

直した後に裾上げをステッチの一巻き分短くすることをおすすめしております。



そうすると、穴が小さければ裏側に穴補修が行きますので、見た目も綺麗になりますよ。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示