股補修


股補修の時、気をつけていただきたいのが、

前身頃をご覧いただきたいのですが、内股のステッチより穴が身頃の方に行ってしまっております。


こうなると穴の大きくなるのが、早まります、妙な大きさになる前に早めにお直しをすることをお勧めします。



ラントンレーブは、穴とは経糸の切れた状態なので、経糸に沿ってステッチをかけます。

前身頃とのステッチの方向が違うのがわかると思います。


当店の場合、一枚布にしてから、穴補修を施します。


それがジーンズに対して親切な穴補修と考えます。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

偶然