Gジャンの補修



大体ジージャンの修理というと襟とカフスの穴補修ですね。

このタイプは襟が横づかいなので、同じような穴があると、

当店では、綾目に沿ってステッチをかけていきます。


ただ、どうしても通常の縦使いの時より目立ってしまいます。




カフスはこんな感じで直します。

当店では、一度カフスを外して直しております。

そのまま叩きますと、カフスが平たくなって不恰好になってしまいますので。





しっかり襟が折れるのも当店の気遣い縫製によるものです。

ここが決まるか否かで今後の着やすさが変わってきます。


こちらはビンテージレプリカなのですが、せっかくなら

襟も横使いで当時のものと合わせて欲しいですね。

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示