ジーンズを育てる方との会話

■もう、25年も穿いているというレプリカ系ブランドのジーンズ

まあ綺麗に穿いていますよね。

また、そこのブランドらしい色落ちになっています。


穴補修のやり方などを話している間に、いろんなところに話が飛び火しながら


ひょんなところから、お持ちになられた生地を当て布に直されることを希望。

綾目を合わせると当てぬのが小さいので、横使いにすることになりました。



これが、穿き込んでいくと、緯糸が切れてきてその間に

当て布の色落ちも進んでいき、それは横に落ちていくのが

馴染んだ頃には楽しみです。





そんなような事を、話し、思い出しながら作業開始。


すると・・・・



おやっ?????


あれだけ色落ちを楽しんでいる方なのに裾が本縫いのあたりです。



あら?チェーンステッチで仕上がっている。


以前にもブログで書いたことあるのですが、

同じお直しをやっているお店で、ステッチが入っていれば良いでしょという

お店も見かけるのです。


手口としては、

生地の似た色で一度本縫いをかけてその上からチェーンステッチをかけるもの。

1折り目にチェーンステッチをかけて2折りめでチェーンの上から本縫いをかけるもの。


画像を見てすぐわかる通り、本縫いで普通に裾を巻けば本縫いらしい色落ちになります。


そして、本縫い仕上げよりチェーンステッチの方が大体値段設定が高いので

(これも当店には全く意味がわからないことなのですが)



オーナー様は騙されてしまったのではないかと、心配しました。


それはオーナー様はご承知でずっと本縫いだったところ、最近同じところを

チェーンステッチで縫い直したそうです。


ちょっとほっとしました。

この状態では、このままのアタリにはなりますが、悪質同業者に騙されたわけではなく

本当に安心しました。


93回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle

© 2023 Copyright(C) RANT N' RAVE. All Right Reserved

LINE Official Account