ビンテージの大修理


まあこんな感じのボロボロの66前期モデルです。




思いっきりパックリ開いている穴でございます。うまくいい状態になればいいのですが。。。。。






こちらは意外と素直に直せそうです。



箇所も多いので、結構大変でした。


穴を塞ぐと、股ぐらの真ん中のいい加減に直した穴補修が生地を引っ張り、左前身頃が

少し股ぐら中心の方に引っ張られました。。



当て布の都合上穴を完全に埋める感じはやめましたが

それなりに細かくかけました。





同じような直し方ですが、左より素直に直せました。





あれだけの穴もこの通りです。

素直に直しに応じてくれるのもヴィンテージの素直さです。。

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示