top of page

何故分解して穴補修をするのか



ラントンレーブでは、穴補修は1枚布にしてから補修になります。

特に股補修でこれをやらないと後々に違いが現れます。


単純に、後ろポケットの穴はステッチを外して直さないとポケットが埋まってしまい

使い物にならなくなります。


自然に開いた穴というのは経糸のきれた状態であります。

ということは、きれてしまった経糸を埋めるようにステッチをかけていくことになります。


しかし、右身頃と左身頃では、経糸の方向が違います。

それを一緒に穴補修してしまうというのは、ちゃんとした穴補修とはいえません。

また、身頃を跨いでステッチをかけてしまった時に延びたい方向を固められてしまいます。


つまり右足を前に出した時に左身頃まで持っていかれてしまい引っ張る原因になり

生地に負担をかけてしまうのです。


当店では、永く履き続けているような修理に気をつけております。





当店の股補修を是非試してみてください。

閲覧数:48回0件のコメント

Comments


bottom of page