外巻き縫いステッチの穴補修



今回はステッチにかなり近いところまで穴がきていましたので、

ステッチを外し、穴補修をしております。


このような巻き縫いは、内股にはよく採用されていますが、外巻きになっているのは結構稀で、通常は割縫いやインターロック縫製になっております。


通常の場合は、ステッチを外しても工賃は変わりませんが、巻き縫いの場合は

工賃が倍になります。


基本的にステッチから1センチ以内まで入っている穴は工賃が上がりますので、

膝の穴の場合、外巻きぬいになっているものはあまり大きくならない時にお直しされることをお勧めします。




今回は、細かめの穴補修にしてみました。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示