top of page

穴補修の種類



題名は修理なんて書きましたけど、実は、一つしかありませんで、

裏から当て布をしてジグザグにステッチをかけるだけです。

そして、ジーンズの種類や穴の感じ、オーナー様の気持ちやオーダーで

当て布を変えたりステッチの色を変えたりします。


今回は緯糸を活かして荒めのステッチにしております。

画像右側の上から2番目だけ、ピッチ(縫い目の幅)を変えております。

また、少し緯糸が足りなかったので少し足してあります。






こちらも本日の修理です。今回は一番下の修理です。その上も以前当店がやったものなので

雰囲気が似ますね。こちらは薄めの当て布に埋めるように細かめでステッチを、同じく

ジグザグにかけています。


だいぶ雰囲気は違うと思います。

当店独自のテクニックで敢えて細かく一回で済むようにしました。


そうすることによって生地が硬くならず履いていて生地が自然に曲がるのです。


このようにラントンレーブでは、その穴の補修を丈夫さと格好良さを追求して

直した後はしばらくノンストレスで履いていただけるよう心がけております。

閲覧数:82回0件のコメント

Комментарии


bottom of page