穴補修解説


レギュラーの501ですね。

画像でも分かる通り、内股と小股を外しています。

レギュラーのタイプは小股に特殊なミシンで縫製されていますが、

同じようにやるのが結構大変なので、60年代くらいまでの縫い仕様で対応しています。



今回は特に穴補修に対しての指定はいただいていないので、こういう感じがいいかなと思ってやりました。


特に指定のない場合は、出来るだけ目立たないように尚且つ丈夫に仕上がるように心がけております。

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示