袖丈を短くしました


オーナー様は、何軒も聞いたらしいのですが、どこでも、とても厄介な作業と

工賃が高かったらしいです。


当店でも、決して安い修理にはなりませんが、久しぶりにカフスひとつ分短くしました。

どうしても短くすると幅が変わり切ってつけても付きません。

また、スリット部分も短くなってしまうので、再生が必要になります。


普通巻き縫い縫製になるのですが、こちらの場合、インター地縫いなので

余り布がどれだけ出るか不安でしたが、なんとかうまく行きました。


きっと喜んでいただけると思います。

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

偶然